デールカーネギーの話し方教室を読んでみた結果…

 

デールカーネギーの話し方教室という本は

コミュニケーションを学ぶ本の中では

AKB48初期の前田敦子のような存在です。

あの伝説の投資家のウォーレンバフェット氏も

「コミュニケーションは人生の中でも有用な技術だ」

といっており、デールカーネギーの話し方教室で

直接コミュニケーションについて学んだそうです。

そんなカーネギーの話し方教室という本は

実際の話し方教室で、教科書のように使われていたそうです。

その本が家にあったので

自分のトークスキルを磨こうと思い、読んでみる事にしました。

結論から申し上げますと

読んだ結果、上手なトークの本質が理解でき

コミュニケーションの疑問が霧が晴れたようにクリアになりました。

そして、コミュニケーションで大切な考え方が身に着いたので

実際に友達との会話で

本に書かれていた事を実践すると

友達の反応が良かったなと感じました。

そこで、この本の内容はとても素晴らしいと実感しましたので

明日の記事から

本のエッセンスを要約して

みなさんとシェアできたらなと思います。

今日は長くなっちゃいましたので

また明日の記事でお会いしましょう。

それでは。

関連記事

  1. 花粉症が改善されてきました

  2. リップルが175円を突破しました

  3. ホワイトボードと動画背景が完成しました

  4. プロフェッショナルの条件

  5. 進化の途中は醜いもの

  6. コミュ症だった僕が、「自信」をつけただけで人間系が良くなった話

  7. 人間関係のお悩みQ&A「Q.どうやって空気に馴染めばいいか分からない」…

  8. ベスト・コミュニケーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。