デールカーネギーの話し方教室を読んでみた結果…

 

デールカーネギーの話し方教室という本は

コミュニケーションを学ぶ本の中では

AKB48初期の前田敦子のような存在です。

あの伝説の投資家のウォーレンバフェット氏も

「コミュニケーションは人生の中でも有用な技術だ」

といっており、デールカーネギーの話し方教室で

直接コミュニケーションについて学んだそうです。

そんなカーネギーの話し方教室という本は

実際の話し方教室で、教科書のように使われていたそうです。

その本が家にあったので

自分のトークスキルを磨こうと思い、読んでみる事にしました。

結論から申し上げますと

読んだ結果、上手なトークの本質が理解でき

コミュニケーションの疑問が霧が晴れたようにクリアになりました。

そして、コミュニケーションで大切な考え方が身に着いたので

実際に友達との会話で

本に書かれていた事を実践すると

友達の反応が良かったなと感じました。

そこで、この本の内容はとても素晴らしいと実感しましたので

明日の記事から

本のエッセンスを要約して

みなさんとシェアできたらなと思います。

今日は長くなっちゃいましたので

また明日の記事でお会いしましょう。

それでは。

関連記事

  1. ガッキー可愛すぎ事件

  2. コラム ■■インポートブランドよりドメスティックブランドが日本人に合う…

  3. 今日という日を頑張れなければ理想の未来は永遠にやってこない

  4. 人付き合いが難しい人はコミュニケーション能力を磨いてみるといいかも?

  5. 恋愛に勝つための秘策

  6. ネガティブな気分は寝れば治る

  7. 進化の途中は醜いもの

  8. 【コラム】決断力を上げるための考え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。