自分の居場所を作る方法 その3

 

こんばんわ、森沢です。

前回コミュニティの中での成り上がり方は2つあるというお話しをしました。

1つは、コミュニティの中ですごくなること。

2つ目は、コミュニティの中でトップ層を落とすということです。

前回1つ目をお話ししたので、

今回は2番目のトップ層の落とし方についてお伝えします。

さっそくですが、

なぜトップ層の人間を落とすと成り上がる事ができるのか?

これは私の実体験に基づいてお話しすることができます。

私は、小中高、専門学校、就職先など、

色々なコミュニティに属してきました。

どのコミュニティでも大体うまくやっていけたのは、

トップ層の人と仲良くさせて頂く事ができたからです。

小学の時は遊びを考案する側へ、

中学の時は学年の主流メンバーと仲良く、

高校の時は先輩に可愛がっていただき、

学年の主流メンバーの人とも仲良くしてもらいました。

専門学校ではクラスのドンのような先輩に仲良くして頂いてました。

就職先では、マネージャーや社長によく面倒をみて頂きました。

単刀直入に

トップ層と仲良くなると何がいいかというと、

自分の居場所ができます。

トップに気に入られていると、

他の人達も自分の事を雑には扱いにくくなり、

トップの人達も自分の居場所を作ってくださるからです。

では、どうすればトップ層に好かれるのか?

たくさんの要素がありますが、

今回は重要な2つのポイントに絞ってお伝えします。

1つ目は、愛嬌たっぷりに謙虚に接する事です。

これにプラス、

「面白さ」が加わればパーフェクトですが、

面白さは難しいのと、

失敗すると逆効果になるので、

まずは愛嬌と謙虚さにフォーカスするのがおすすめです。

愛嬌と謙虚さがウケた根拠は、

詳細には不明ですが、

私はこれを常に意識してきたことは覚えていますし、

感覚として、

これが気に入られる秘訣なんだろうなとも思っていました。

さらに言うならば、

人の顔を立てるというのも徹底していました。

決してけなさず、相手を受け入れ、褒めます。

この効果はとんでもなく大きいです。

なので、

愛嬌と謙虚さ、顔を立てるというところを徹底的にやってみてください。

絶対に好かれます。

これでうまくいかなかったことが逆にありません。

イメージがつかめないという方もいらっしゃると思いますので、

もう少し完結に3つのコツだけお話しします。

愛嬌は、笑顔を絶やさず、トップの人たちと関わる時に、

楽しそうに関わるということです。

楽しそうにしているとそれが勝手に相手にも伝染します。

そして、ネガティブな状態(雨が降ってきたり、急なトラブルが起きる)の時でも、

できるだけ笑顔にポジティブに接して、

元気を逆にあげるくらいの接し方がポイントです。

謙虚さは、

先輩や友達が親しみやすく接してきてくれても、

自分は一線引いて調子に乗りすぎないのがポイントです。

相手と同じくらい親しみやすさを出すようにすると経験上うまくいき、失敗が少ないです。

顔を立てるというのは、

自分が主役にならないということです。

自分を目立たせずに、

他人の顔を立てる、褒める。

これに尽きます。

自分を主張せずに他人の顔を立てるからこその、

友好的な関係というご褒美がもらえます。

最後の2つ目のポイントは、

相手と同じ、もしくはそれ以上の価値観を持つということです。

私が高校生の頃、

友達が少なかったころ、

友達の輪を広げてくれた友達との出会いがありました。

その友達と仲良くなったきっかけが「ファッション」だったんです。

当時お兄系の109系ファッションが流行っていて、

見た目に対する価値観が合致し、仲良くなりました。

その友達が、クラスでの私の居場所を作ってくれたのです。

いまでも感謝しています。

実は、この価値観の一致が人に気に入られる1番のポイントだったりします。

あまり表立って言われませんが、

・ファッションがダサイからあまり関わりたくない

・20歳にもなっているのに上司を学校の先生と同じような感覚でからかったりキレたりする

・自分の人生の軸をしっかり持っている

・最初は損してもまずはこちらから相手に得をしてもらうマインド

これらは1つの例ですが、人は人と関わる時にこれらの価値観を基準にその人と関わるかどうか決めています。

10代20代、社長さんなど、

全ての人に価値観が存在し、

同じ価値観の人とは仲良くなりやすい法則がこの世に存在しています。

なので年相応の価値観を身に付ける事も必要ですし、

目上の人と仲良くなるには、

目上の人の価値観を自分も持っていなくてはいけないのです。

そして、価値観とは経験から作られていくものなので、

たくさんの経験を自ら積み、

年相応の考え方を身に付け、

目上の方はどんな考え方をするのか、

話しを聞いたり、本を読んだりして学ばなければいけません。

私の場合は、学生時代は「恋愛」や「見た目」、「遊び」の価値観を周りと合わせました。

そして見た目に関しては、

眉毛を描いたり、ダイエットしたり筋トレしたり、

服を大量に買ったり、アクセサリーを集めたり、

香水やボディミストに気を使ったり、

他の人よりも磨いてきました。

その経験から生まれた価値観が自分の周りに影響を与えて、

友達として受け入れてもらうことができたのです。

社会人では、社長さんの書籍を読み漁り、

社長さんの考え方をマネして行動するようにしました。

志を高く、エンターテイナーのマインドを忘れずに、

人に喜んでもらうおもてなしや先輩への接し方、

練習や仕事に対する意欲の魅せ方など、

全てマネしていくことで、

社長さんと近い価値観を共有することができ、

マネージャーさんや社長さんや店長さんなどにも可愛がってもらう事が出来ました。

なのでトップ層を落とすポイントを総括すると、

「価値観の一致」

これが大きな比率を占めています。

これありきの、愛嬌や謙虚さなのです。

最後に価値観を分かりやすく示す方法が、

「見た目」と「話し方」です。

見た目でその人がどのレベルなのか判断することができ、

話し方で人間レベルがどれくらいなのか全てわかります。

周りの人は「見た目」と「話し方」を見てあなたを関わるに値するか常に判断しています。

なので見た目と話し方は磨いておかなくてはいけません。

20歳になっているのに、

アンパンマンのリュックを背負っていてはいけないということです。

20ならば年相応のレザーのトートなどを持っていた方が、

コミュニティから歓迎されやすくなります。

以上の事を守って実行さえすれば、

自分の居場所をコミュニティに作ることはできます。

そして色々な人と仲良くなれますし、

声を大にしては言えないのですが、

とんでもない方々にも気に入って頂くことができる「技」です。

長くなってしまいましたが、

何かの気付きになればいいなと思います。

 

 

関連記事

  1. 「自信満々に会話できるようになる方法」をユーチューブにアップしました

  2. ホリエモン著書「好きなことだけで生きていく。」読んでみたら、800円の…

  3. 無料コミュニケーションスクールのお知らせ

  4. ザイオンス効果を使って人間関係を構築する方法

  5. デヴィッド・R・ホーキンズ博士の「パワーかフォースか」を4日間かけて読…

  6. ジェラシックパーク見ます

  7. 売れているものがいいものとは限らない?

  8. 朝活始めました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。