諦めなければ勝てる理論

 

どうも、森沢です。

以前お伝えした、脳トレにおすすめのゲーム「デュエルリンクス」ですが、

ついにランク戦レジェンドクラス(オリンピックでいう銀メダル)まで上り詰める事が出来ました。

始めた当初は知識も無く、プレイングも下手、

しまいには、強いデッキが追加されて以前使っていたデッキだと歯が立たなくなってしまいました。

しかし諦めず、コツコツやってきて、プレイングを磨き、

なんとか勝ちたいという想いで続けてきました。

そうすると、チャンスがやってくるもので、

新しく出たカードを集めるためにパックを引いていたのですが、

強いカードが連チャンで当たりました。

それによりついに、

レジェンドクラスという今までいくことのできなかった世界に辿り着くことが出来ました。

これは人生にも似たような事が言え、

知識やスキルが無いというのは関係なく、

赤ちゃんがハイハイや言葉を覚える過程のようにやっていれば勝手に覚えます。

だから何でもとにかく始めてみるのが大事ということ。

そして、逆風が吹いてる中でも、

チャンスが来るのをじっと待ち、耐え凌ぐ。

これは、始めたものがうまくいかなかったとしても、

コツコツ続けて、やめないということ。

チャンスは電車のようなもので、

待っているだけでは過ぎていってしまいます。

駅に止まった瞬間に乗るから電車に乗れるのであって、

乗るというアクションを起こせない人にチャンスは微笑みません。

逆に、電車を待てないというのも問題です。

電車が本当なら来るはずなのに、

こないかもしれないと1人で勝手に判断し、駅から去る行為、

これは、くるかもしれないチャンスを放棄するということ。

なので、1つの結果を出す過程では、3つの事が重要であると言えます。

1つは「始める」こと。

2つ目は「チャンスが来るまでアクションを起こす」こと。

最後の3つ目は「やめない」ことです。

シンプルですが、この3つの事を軸に行動を続ければ、

どんな事でも目に見える結果として表れるはずです。

私はゲーム以外にも、恋愛、セールス、国家試験合格などあらゆることを、

この3つの軸を大切にして、結果を手に入れてきました。

そして、今後の人生の目標のためにも、

この3つの軸を元に、行動し続けています。

忍耐はきついですが、

本当に我慢できないものなら人間、意識せずともやめてしまいます。

しかし、もう嫌だ!と思いながらも続けてしまうものは、

本当に嫌なのではありません。

一瞬、嫌なだけなんです。

その10%の「嫌」のためだけに90%の「好き」を放棄してはいけません。

なので、諦めなければ勝てる理論というのは、

突き詰めると3つのポイントに集約されるのかもしれませんね。

 

関連記事

  1. 引き寄せの本とSEO対策の本読んで極めます

  2. ライズオブザデュエリストで使えそうな魔法罠の新規収録カード解説【遊戯王…

  3. 嫌な人に「ありがとう」というと、嫌な人じゃなくなる話し

  4. 偏見で判断される時代に思うこと

  5. なぜ自立すると人生が良くなるのか?

  6. ガッキー可愛すぎ事件

  7. 【遊戯王デュエルリンクス】激レア★底なしの落とし穴当たりました!!

  8. 非日常を作り出そう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。