デヴィッド・R・ホーキンズ博士の「パワーかフォースか」を4日間かけて読んでみた

 

私は最近ある本を4日間かけて熟読していました。

その本の名前は「パワーかフォースか」という題名の本です。

この本は、読むだけで意識レベルが大きく上がると言われており

あのマザーテレサも称賛した本です。

他にも元クライスラーのCEOも素晴らしいと評価しています。

この本の著者のホーキンズ博士は

3歳のころに意識の覚醒を経験し

生涯かけてスピリチュアルの教えを世に広めてきました。

そのホーキンズ博士の代表的著書が

この「パワーかフォースか」なのです。

ホーキンズ博士の素晴らしい所は

キネシオロジーテストという実験を使って

誰でも科学的にスピリチュアルな世界を実感できるというのが一番革新的でした。

この本は、言い回しがやや難しく読むのがすごく大変です。

最初の3章くらいまでは読んでいるとすぐに眠くなります。

実際私も仮眠を挟みながら読み進めました。

しかし、読み進めれば進めるほど

引き寄せの法則とは別視点からの

この世の心理について理解できます。

・人類の意識レベルの表

・アトラクターフィールド(物質世界と並行に存在する空間のこと)

など目から鱗の内容です。

例えば、アトラクターフィールドという

空間が存在し

その空間に人間が意識した原因が生じると

物質世界である我々が住むこの3次元の世界に影響を与えるという、この世の法則や

人間には意識レベルが0~1000存在し

そのレベルによって人が取るべき行動や思考が決まってくるという

意識の話などが主にホーキンズ博士の著書で何度も詳しく解説されています。

私はこの本を最後まで読み終えて

自分でもキネシオロジーテストを試してみたり

自分の意識レベルを上げるよう

思いやりの心や優しさを持つように心がけています。

人に何かされても全て許し、受け入れます。

そうすると毎日心穏やかに過ごせるようになり

人に何かされてもネガティブな心を抱くことなく許せるようにもなってきました。

これは、この本を読んで得られた最大の恵みです。

そして、アトラクターフィールドにも

いい原因のみを作るよう意識し、

感情の状態にもすごく気を使っています。

アトラクターフィールドは、自分の感情の波動を元に原因を作るので

ネガティブな種をそこにまくことでネガティブな現象が

物質世界のこの世に「結果」として現れてしまいます。

その元になる感情を意識して調整しているということです。

なので、この本を読んでから

本当に人生のあらゆる部分が変わってきたなと実感しているのでかなりおすすめの本です。

6月に改訂版が出て新たにリニューアルされ読み応えもアップしています。

私はアマゾンで購入して3日で届いたので

興味のある方は、アマゾンで買って読んでみてはいかがでしょうか。

内容は少し難しいですが、おすすめの本です。

PS.この本を読んでから他の本を読むのがすごくイージーに感じます

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」を

「パワーかフォースか」を読んだ後に読むと

すごくスラスラ読めるようになるので

意識レベルも上がりますが

読書力も上がるようです。笑

関連記事

  1. 気分転換も大事だよ、人間関係に疲れたときにやるといい10の行動

  2. バイトの面接に受かるためにやるべきこと【まとめ】

  3. ガッキー可愛すぎ事件

  4. 【会話上手になりたい方向け】1人でもできる話し方の練習方法

  5. 大寒波きてますね、半端じゃないです。そして日記記事です。

  6. 【コラム】僕流、情報の見極め方

  7. 自分の居場所を作る方法 その1

  8. 健康セミナーにいってきます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。