話しの構成を考えると話しがうまくなる理由

 

「話し方」は人によって、人を感心させれる人もいれば、

人に不快感を与えてしまう人もいます。

なので、話し方というのは、立派な技術だということが言えます。

聞き手は、分かりやすく気持ちよく面白い話しを聞きたいと思っています。

なので、語り手は、それらのニーズを満たす事で、

相手から満足される話し方ができるというわけです。

では、どうやったらそのニーズを満たすことができるのかと言うと、

上手に話す方法はたくさんありますが、

その中の1つに「話しの構成」を考えておくというものがあります。

会話をする時は、まずは目的を設定しておきます。

・好きな子を口説く

・喜んでもらえるスピーチをする

・分かりやすいプレゼンをする

・友達と楽しい時間を過ごす

などです。

その目的を達成できるような、話しの構成を考えます。

例えば

■好きな人と遊ぶとき

・今のお互いの現状

・こないだあった面白い話

・共通の友達の話

・彼女を口説く話

■結婚式のスピーチ

・新郎と自分の関係性

・新郎のエピソード

・新郎の人柄

・これからの未来(新郎はお嫁さんを大切にします的な話

などです。

このように構成を考えておくと、あらかじめ決めておいた内容を1つずつ話していく事で、

話す内容が整理されていてわかりやすく相手に伝わります。

そして、話す前から話しの流れが頭の中にあるので、

スムーズに話しができて、相手も聞いていて不安にならず気持ちがいいのです。

話す力があれば、

女性を口説いたり、人から好かれたり、セールスが成約しやすかったり、

人生において得ばかりなので、ぜひ練習してみるのをおすすめしています。

 

関連記事

  1. 人との関わりが怖い人は対人恐怖症かも?5つの克服方法まとめ

  2. ベスト・コミュニケーション

  3. 億万長者を前に堂々と話す方法

  4. 相手と自分の関係性を意識すると人間関係が改善される?

  5. 100時間以上動画撮ってきて気付いた動画を撮るときに上手に話すコツ

  6. コラム ■■髪の匂いをよくして周りの好感度を上げる方法

  7. 【当てはまると注意】自分では気付いていない?話が苦手な人の特徴

  8. すごい人ほど低姿勢

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。