犬と言わずにブルドッグという

 

話しをするときや、文章を書くときは、

相手の人が話の内容をより鮮明にイメージできるように

具体性のあるワードを使って表現した方が、

その話しに深みが出たり、イメージのズレがお互いに少なくなり意思疎通がしやすくなります。

なので、犬というのではなく、ブルドッグという。

カレーを食べたときは、熱々でスパイシーなカレーを食べたという。

それだけで、単調な会話にも深みが出て、

聞いている方も楽しくなります。

小さい事ですが、意識して話すようにすると、

聞き手の反応も変わってくるはずです。

関連記事

  1. 睡眠不足の弊害

  2. 富山の絶品和食屋さん「いぶし銀」!美味しすぎたので食レポします

  3. コミュニケーション能力を上げて幸せなライフスタイルを送るために取るべき…

  4. コラム ■女性が男性に求めるショートヘアーは全然ショートじゃない?

  5. 【2018年6月14日】仮想通貨暴落の原因は北朝鮮の影響か

  6. デールカーネギーの話し方教室を読んでみた結果…

  7. キウイはフルーツの王様

  8. 【メンズ】早くて簡単なパーマのセット方法!動画で解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。