犬と言わずにブルドッグという

 

話しをするときや、文章を書くときは、

相手の人が話の内容をより鮮明にイメージできるように

具体性のあるワードを使って表現した方が、

その話しに深みが出たり、イメージのズレがお互いに少なくなり意思疎通がしやすくなります。

なので、犬というのではなく、ブルドッグという。

カレーを食べたときは、熱々でスパイシーなカレーを食べたという。

それだけで、単調な会話にも深みが出て、

聞いている方も楽しくなります。

小さい事ですが、意識して話すようにすると、

聞き手の反応も変わってくるはずです。

関連記事

  1. 女遊びしているからモテるのか、モテるから女遊びをしているのか?

  2. ホワイトボードと壁紙が届きました

  3. 【コラム】自分の居場所は必ずある

  4. いつのかわからない写真シリーズ

  5. ブログを毎日更新1ヵ月続けてみて起きたこと

  6. 【愛され上手!?】相手にいい印象を与える秘訣5選

  7. 1日1食生活の効果が出てきました

  8. 【ついに発見!】人間は目標が出来たときに勉強が楽しくなるということに気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。