犬と言わずにブルドッグという

 

話しをするときや、文章を書くときは、

相手の人が話の内容をより鮮明にイメージできるように

具体性のあるワードを使って表現した方が、

その話しに深みが出たり、イメージのズレがお互いに少なくなり意思疎通がしやすくなります。

なので、犬というのではなく、ブルドッグという。

カレーを食べたときは、熱々でスパイシーなカレーを食べたという。

それだけで、単調な会話にも深みが出て、

聞いている方も楽しくなります。

小さい事ですが、意識して話すようにすると、

聞き手の反応も変わってくるはずです。

関連記事

  1. 話しの構成を考えると話しがうまくなる?

  2. 自分の居場所を作る方法 その3

  3. やることリストよりやらないことリストを作ろう!人生をよくしていくための…

  4. 「自信満々に会話できるようになる方法」をユーチューブにアップしました

  5. たくさんの社長さんを観察してきて思う事

  6. 【これで解決】会話中に他人の事が気になる時に試したいこと

  7. 2017年以降の未来予想

  8. 20歳を超えると健康に投資しないとまずい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。