犬と言わずにブルドッグという

 

話しをするときや、文章を書くときは、

相手の人が話の内容をより鮮明にイメージできるように

具体性のあるワードを使って表現した方が、

その話しに深みが出たり、イメージのズレがお互いに少なくなり意思疎通がしやすくなります。

なので、犬というのではなく、ブルドッグという。

カレーを食べたときは、熱々でスパイシーなカレーを食べたという。

それだけで、単調な会話にも深みが出て、

聞いている方も楽しくなります。

小さい事ですが、意識して話すようにすると、

聞き手の反応も変わってくるはずです。

関連記事

  1. 恋愛工学を活用した恋愛術を実践してみた結果、効果がすごかった!

  2. 人生を変えるための方法をメルマガ読者の方限定で先行配布させていただきま…

  3. リップルが130円になりました

  4. プレゼン能力を上げる5つのコツ

  5. 朝と夜のバイトを掛け持ちするのは2か月目でやめた方がいい理由

  6. コミュニケーション能力を身に付けるE-book【ベスト・コミュニケーシ…

  7. 体力を付けるために筋トレを復活しました!

  8. これからはメルマガよりもLINE@なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。