犬と言わずにブルドッグという

 

話しをするときや、文章を書くときは、

相手の人が話の内容をより鮮明にイメージできるように

具体性のあるワードを使って表現した方が、

その話しに深みが出たり、イメージのズレがお互いに少なくなり意思疎通がしやすくなります。

なので、犬というのではなく、ブルドッグという。

カレーを食べたときは、熱々でスパイシーなカレーを食べたという。

それだけで、単調な会話にも深みが出て、

聞いている方も楽しくなります。

小さい事ですが、意識して話すようにすると、

聞き手の反応も変わってくるはずです。

関連記事

  1. 遊戯王ディエルリンクスから学んだ結果を出すための思考術

  2. メルマガ限定コラムの更新

  3. ベスト・コミュニケーション

  4. なぜ自立すると人生が良くなるのか?

  5. 【これで勝てる】ブログ初心者が100万PVを目指すために分析したブログ…

  6. ホワイトボードと壁紙が届きました

  7. 今日の気になった記事

  8. 1週間動画撮り続けて思った話し方のコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。