犬と言わずにブルドッグという

 

話しをするときや、文章を書くときは、

相手の人が話の内容をより鮮明にイメージできるように

具体性のあるワードを使って表現した方が、

その話しに深みが出たり、イメージのズレがお互いに少なくなり意思疎通がしやすくなります。

なので、犬というのではなく、ブルドッグという。

カレーを食べたときは、熱々でスパイシーなカレーを食べたという。

それだけで、単調な会話にも深みが出て、

聞いている方も楽しくなります。

小さい事ですが、意識して話すようにすると、

聞き手の反応も変わってくるはずです。

関連記事

  1. 「自信満々に会話できるようになる方法」をユーチューブにアップしました

  2. 【メンズ】早くて簡単なパーマのセット方法!動画で解説

  3. ■■仮想通貨は今後どうなるのか?

  4. 【1ヵ月】サントリーのサプリメントのお試し使ってみます!

  5. ホワイトボードと動画背景が完成しました

  6. 人から好かれるためにはどうしたらよいのか?好かれるためにやるべき事

  7. 会話をする時は自分が話す事だけに集中しない方がいい理由

  8. コミュニケーションの基本は相手に不快感を与えないこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。