犬と言わずにブルドッグという

 

話しをするときや、文章を書くときは、

相手の人が話の内容をより鮮明にイメージできるように

具体性のあるワードを使って表現した方が、

その話しに深みが出たり、イメージのズレがお互いに少なくなり意思疎通がしやすくなります。

なので、犬というのではなく、ブルドッグという。

カレーを食べたときは、熱々でスパイシーなカレーを食べたという。

それだけで、単調な会話にも深みが出て、

聞いている方も楽しくなります。

小さい事ですが、意識して話すようにすると、

聞き手の反応も変わってくるはずです。

関連記事

  1. 自分の人生から「不快感」を取り除こう

  2. 人を怒らせてしまった時に許してもらえる9つの対処法【保存版】

  3. デールカーネギーの話し方教室を読んでみた結果…

  4. やる気が出ないのは当たり前!逆に無条件でやる気の出ることを極めるのはど…

  5. 苦痛も慣れると快感になる

  6. 進化の途中は醜いもの

  7. 【斬新で面白い】今話題の女芸人ブルゾンちえみの動画紹介

  8. 健康セミナーにいってきます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。