犬と言わずにブルドッグという

 

話しをするときや、文章を書くときは、

相手の人が話の内容をより鮮明にイメージできるように

具体性のあるワードを使って表現した方が、

その話しに深みが出たり、イメージのズレがお互いに少なくなり意思疎通がしやすくなります。

なので、犬というのではなく、ブルドッグという。

カレーを食べたときは、熱々でスパイシーなカレーを食べたという。

それだけで、単調な会話にも深みが出て、

聞いている方も楽しくなります。

小さい事ですが、意識して話すようにすると、

聞き手の反応も変わってくるはずです。

関連記事

  1. 話しの構成を考えると話しがうまくなる理由

  2. 【2018年6月14日】仮想通貨暴落の原因は北朝鮮の影響か

  3. 会話上手な人はやっている話し方のポイント

  4. 健康セミナーにいってきます

  5. 会話を上達させるには「使う言葉」を意識するといい理由

  6. 会話をする時は自分が話す事だけに集中しない方がいい理由

  7. 健康と幸せの関係

  8. やり込んでいくと見えてくるもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。