【効果あり】いつも実践しているシンプルな風邪の治し方

みなさん、こんにちはshoです。

先日風邪をひいてしまいました。

いつも私が試している、すごくシンプルに風邪を治す方法があるので実践してみてください。

風邪は2~3日もすれば治る!?

風邪というのは、病院に行ったり、薬を飲まなくても治ります。

そもそも、風邪を完璧に治す薬というのはこの世の中に存在していないそうです。

治りやすくサポートする役目が風邪薬だそうなのです。

そこで、私がいつもどうやって風邪を治しているかと言いますと、お風呂に入って、温かい布団で寝る。

これだけです。

あとは、強いて言うなら、辛い物を食べたり、しっかり栄養のあるものを食べるだけです。

これだけで風邪は2~3日もすれば治ってしまいます。

温かくする

人間の体には風邪の菌をやっつけてくれる白血球とか体内細菌がいます。

なので、私は風邪の事は体内の菌に任せています。

この菌達が風邪のウィルスを早く倒してくれるようにサポートします。

そのためには体温を上げて抵抗力を高めなければいけません。

なので、体調が悪い時は速攻でお風呂に入り、すぐに温かくして寝ます。

さらに念を入れる時は、首にマフラーなどを巻いて寝ます。

首元を温かくしておけば、体全体が温かくなるからです。

首を温めるのは最重要!?

私は首を温める事をとても重要視しています。

なぜかというと、私は昔寒い時期に薄手の格好で出かけていました。

首元はとても開いていました。

そうすると、次の日喉が痛くなり風邪をひきました。

しかし、別の日にマフラーを巻いて薄手の格好で出かけたことがあります。

その時はとても温かく、次の日も風邪は引きませんでした。

その経験から首を温めるのはとても大切であるという事に気付いたのです。

それ以来、どんなに薄着でも首元だけは温めるようにしています。

首元を温めてからは風邪をひきにくくなりました。

もちろん、寝不足など、過度の疲れがある場合は風邪をひいてしまう時もありますが、マフラーをしているだけで体感ですが、7~8割くらい風邪をひく確率が下がると思います。

これくらい首を温めるのは大切です。

なので、寒い時や風邪気味の時は必ず首を温めてください。

逆に首を温めなければ、すぐさま風邪を引くでしょう。

辛い物を食べる

これは私流ですが、体調の悪い時は辛い物を食べます。

辛い物を食べると体が温まるのと、刺激があるので、元気になります。

私が昔、シンガポールに行ったとき、飛行機酔いと室内のクーラーで寒い環境と、外の暑い環境の差にやられて体調が悪くなった時がありました。

そんな時、シンガポールの料理は辛い物が多いのですが、それを食べてしばらくすると元気になってきました。

それ以来、風邪気味の時は辛い物を食べるようにしています。

プラシーボ効果かもしれませんが、実際元気になるのでよく食べてます。

これは万人におすすめできる方法ではないかもしれませんが、興味のある方は試してみてください。

まとめ

とにかく風邪を引いた時は体を温める事が最重要です。

まず首を温めてください。

そしてすぐにお風呂に入って寝る。

食欲があればしっかりごはんを食べてください。

シンプルですがこれだけですぐに風邪は治ります。

薬買うくらいだったら美味しいごはん食べてくださいというのが私の考えです。

そして、風邪予防にも首を温めるのは効果的なので、ぜひ試してみてください。

 

関連記事

  1. 明日、というか今日引っ越しします

  2. YouTubeに動画アップしました

  3. リップルが130円になりました

  4. 【人生に疲れてしまった人へ】自分らしく生きると人生楽しくなる理由

  5. 【結果を出したい人必見】ドミノ理論で大きな結果を出す方法

  6. 心がしぼんでしまった時は心の栄養を注入しよう!

  7. プレゼン能力を上げる5つのコツ

  8. 自分の居場所を作る方法 その3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。