話しの構成を考えると話しがうまくなる?

「話し方」は人によって、人を感心させれる人もいれば、

人に不快感を与えてしまう人もいます。

なので、話し方というのは、立派な技術だということが言えます。

聞き手は、分かりやすく気持ちよく面白い話しを聞きたいと思っています。

なので、語り手は、それらのニーズを満たす事で、

相手から満足される話し方ができるというわけです。

では、どうやったらそのニーズを満たすことができるのかと言うと、

上手に話す方法はたくさんありますが、

その中の1つに「話しの構成」を考えておくというものがあります。

会話をする時は、まずは目的を設定しておきます。

・好きな子を口説く

・喜んでもらえるスピーチをする

・分かりやすいプレゼンをする

・友達と楽しい時間を過ごす

などです。

その目的を達成できるような、話しの構成を考えます。

例えば

■好きな人と遊ぶとき

・今のお互いの現状

・こないだあった面白い話

・共通の友達の話

・彼女を口説く話

■結婚式のスピーチ

・新郎と自分の関係性

・新郎のエピソード

・新郎の人柄

・これからの未来(新郎はお嫁さんを大切にします的な話

などです。

このように構成を考えておくと、あらかじめ決めておいた内容を1つずつ話していく事で、

話す内容が整理されていてわかりやすく相手に伝わります。

そして、話す前から話しの流れが頭の中にあるので、

スムーズに話しができて、相手も聞いていて不安にならず気持ちがいいのです。

話す力があれば、

女性を口説いたり、人から好かれたり、セールスが成約しやすかったり、

人生において得ばかりなので、ぜひ練習してみるのをおすすめしています。

 

★話し方については、毎日もっと深い内容をメルマガで配信しています。

興味がある方はぜひ読んでみてください。

こちらから簡単に登録できます。

→ http://sho-kirakiramens.com/mlmg/

関連記事

  1. 【当てはまると注意】自分では気付いていない?話が苦手な人の特徴

  2. 相手と自分の関係性を意識すると人間関係が改善される?

  3. 【会話が苦手な人向け】コミュニケーション能力は「目的」を意識すると上が…

  4. コミュニケーション能力を上げて幸せなライフスタイルを送るために取るべき…

  5. 悪い出来事は一瞬悪いだけ

  6. 会話の話題の選び方

  7. コラム ■■ 好かれたい人がいる場合、その人が好きなネタを仕込むといい…

  8. 会話をする時は自分が話す事だけに集中しない方がいい理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。