【論理型と感情型】理屈で行動する男、感覚で行動する女

 

男性と女性では、同じ人間という生き物なのに全く違う生き物のように感じる事はありませんか?

男性なら、前に付き合っていた彼女を思い出し「あぁいい子だったなぁ」としみじみ思い、偶然遭遇した時には、ついつい優しくしてしまうものです。

一方、女性はどうかというと、別れたあとに偶然遭遇した時には、目も合わせてくれませんし話かけても無視されます。

別れた方は話し合いで平和に終わった場合ですよ?

この違いは何なのでしょうか?

他にも違いはたくさんありますが、男性と女性は同じヒト科の生き物なのに、行動や考え方が全く異なります。

今回はこの、男性と女性の違いについてみていきましょう。



ある男女のワンシーン

ある晩、キッチンで料理している彼女が、あなたに次のように頼みました。

「醤油がないの!刺身が食べられないから、悪いけど近くのスーパーで醤油を買ってきてくれない?」

あなたは近くのスーパーに行って言われた通りに、醤油を1つ買いました。

家に戻って醤油を渡すと彼女はこういいました。

「醤油だけ?アイスクリームも一緒に買ってきてくれたらよかったのに。気が利かないな」

夫婦や恋人同士ではよくある、ありふれた光景だと思います。

この後の会話には、男性のある一言が隠されています。

「そんなこと言ってくれなきゃ分からないよ」

男性と女性の違い

先ほどのやり取りからも、男性と女性には、大きな違いがあることが伺えます。

その違いは何かというと、「言ってほしい」のが男性で、「気付いてほしい」のが女性だということです。

男性からすると「言ってくれないと分からない」というのが気持ちですが、女性からすると「言わなくたって私の気持ちを分かってほしい」というのが気持ちなのです。

なので、買ってくるものはアイスクリームじゃなくても、ジュースだろうとなんでもいいのです。

「何かついでに買ってきてくれないかな?」という女性の気持ちに気付いてあげることが大切なのです。

では、先ほどの例の場合、どうするのが正解だったのでしょうか?

「新発売のスイーツ買ってきたよ。食べたいかなって思って」

「前好きだって言ってた、ワイン買ってきたよ」

彼女はそう求めていたのかもしれません。

なぜなら、「食べたいかなって思って」「前好きだって言ってた」という言葉は女性にとって「私の気持ちに気付いてくれた」「覚えていてくれた」ことの証だからです。

男性脳

男性脳は物事を理論的に考えます。

なので、言われたことをそのままこなそうとすることが多いです。

醤油がないから醤油を買う。言葉をそのままの意味で受け取り、足りないから買おうと行動を起こします。

女性脳

しかし、女性脳は、言葉の裏にある「感情」を重視します。

女性が発する言葉の前後には、言葉になってない言葉があるということです。

先ほどの例で伝えた、「醤油を買ってきて」には言葉になっていない続きがありました。

「醤油買ってきて。(デザートも食べたいから何かついでに買ってきてくれないかな)」

女性は、この()の中にある感情に気付いてもらえる事をとても大切にしています。

なので、それに気づいてくれたない男性に対して、トゲトゲしい言葉で「気が利かないね」と一言述べて去っていくのです。

男女のすれ違い

男性と女性には大きな隔たりがあることが分かりました。

しかし結論は、男性が女性の言葉の裏にある気持ちを読み取る事を意識すれば円満な関係が築けるのではないかなと思います。

彼女が何か言っているけど、その言葉の裏にある感情はなんだろう?と普段から意識して考えるようにすれば、何か気付けるかもしれません。

女性は気づいてほしいという生き物なので、男性側が、思っている事は全て伝えてほしいといっても、全て伝えることで、女性は気持ちに気付いてもらえずフラストレーションがたまるかもしれないので、やはり男性が歩み寄って女性の気持ちに気付くことが最善であるのではないかなと思います。

言われきゃ分からない男、言わなくても分かってほしい女。

男女のすれ違いは、いつの時代もこうやって生まれていたのかもしれません。

円満の秘訣は、お互いの事を知り、歩み寄ることなのかもしれないですね。



 

関連記事

  1. 悪玉菌が多いと栄養が吸収されない?

  2. すぐに状況が良くならなくても焦らない

  3. ガッキー可愛すぎ事件

  4. 【引き寄せの法則】意識の使い方で人生が180度変わる

  5. コラム ■■髪の匂いをよくして周りの好感度を上げる方法

  6. 売れているものがいいものとは限らない?

  7. ■ 全てうまくいっている人はいない

  8. 【動画コラム】ファッション初心者でも大丈夫!オシャレなメンズになるため…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。