ネガティブな気分は寝れば治る

 

おはようございます、森沢です。

人生には体調が気分がいい日もあれば悪い日もあります。

調子が悪い時は、「もう無理だよ~」と思ったりしちゃう時もあると思います。

そして、調子のよくない日は、やる事全てがうまくいかない事も多いですが、

そういう時は、一度寝てリセットしてしまうのがおすすめです。

悪い気分のまま何かをやっていても、その気分を引きづっていてうまくいかないことも多いです。

さらに、その悪い影響が他の所にも飛び火することも多いです。

なので、調子の悪い時は、寝るのがおすすめです。

そうすると、全ての嫌な気分が一度リセットされて、体調も回復しています。

そうすれば、ネガティブな気持ちをリセットして、新しく物事に取り組めるので、

悪い影響が他に移ることもないので、結果がよくなります。

寝て起きても嫌な事を思い出すくらいきつい事もあると思いますが、

そういう時は思考をその話題からできるだけ逸らすようにして、

きつい場合はもう1度寝るか、音楽を聞きながらゴロゴロするのもおすすめです。

ネガティブで心が弱っている時に行動するのはストレスの負荷が大きいので、

全ては毒抜きできないものの、少しずつ毒を抜いていくと、

少しずつ時間をかけて元気になっていきます。

なので、ネガティブな気持ちになっている時は寝るという行為は非常に有効ですので、

何かつらいときがあった時は寝て、次に備えるのもいいかもしれませんね。

私も最近きついメンタルを睡眠で回復して挽回できたので、おすすめします。

 

 

関連記事

  1. 【コラム】自分の居場所は必ずある

  2. 会話が苦手な人は、まず相手の気持ちを読み取ろう!

  3. 【論理型と感情型】理屈で行動する男、感覚で行動する女

  4. 人生を変えるための方法をメルマガ読者の方限定で先行配布させていただきま…

  5. 今日で動画撮り終わりそうです

  6. 犬と言わずにブルドッグという

  7. 人から好かれるためにやるべきこと5選

  8. 健康と幸せの関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。