寝不足は情所不安定になる

 

こんばんわ、森沢です。

私は昨日、深夜2時半に寝て、朝5時に起きてE-bookを作った後に、7時に仕事にいきました。

2時間半睡眠で1日過ごしていた所、ネガティブになりやすく、

集中力がなく、恋愛の事でいつもなら気にしない事でも、すごく敏感になってしまい、

軽く情所不安定になってしまいました。

しかし、今日はぐっすり眠ったところ、すごく気持ちが安定していて、

いつものプラス思考に戻っていました。

なので、やっぱり睡眠を削るのは、

生活の質を下げてしまうので、よくないなと思いました。

そして、体調もよくなく、風邪を引きかけたので、これからは睡眠はしっかりとることにしました。

体調や気持ちが不安定な時に仕事やデートをしても、あまりいい結果にならないので、

みなさんも睡眠はぜひしっかりとるようにするのがいいと思います!

逆に良く寝たときは、気分もよく元気なので、

寝ることで、調子のいい自分を作る事ができますね。

 

 

関連記事

  1. すぐに状況が良くならなくても焦らない

  2. 頭で考えた行動と直感の行動はどちらがいい結果になるのか?

  3. ネガティブな気分は寝れば治る

  4. 朝活始めました

  5. 【2018年6月14日】仮想通貨暴落の原因は北朝鮮の影響か

  6. 毎日の目標

  7. 便秘を治すには食物繊維よりもタンパク質が必要

  8. 呼吸をするのと同じように記事を書く状態へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。