寝不足は情所不安定になる

 

こんばんわ、森沢です。

私は昨日、深夜2時半に寝て、朝5時に起きてE-bookを作った後に、7時に仕事にいきました。

2時間半睡眠で1日過ごしていた所、ネガティブになりやすく、

集中力がなく、恋愛の事でいつもなら気にしない事でも、すごく敏感になってしまい、

軽く情所不安定になってしまいました。

しかし、今日はぐっすり眠ったところ、すごく気持ちが安定していて、

いつものプラス思考に戻っていました。

なので、やっぱり睡眠を削るのは、

生活の質を下げてしまうので、よくないなと思いました。

そして、体調もよくなく、風邪を引きかけたので、これからは睡眠はしっかりとることにしました。

体調や気持ちが不安定な時に仕事やデートをしても、あまりいい結果にならないので、

みなさんも睡眠はぜひしっかりとるようにするのがいいと思います!

逆に良く寝たときは、気分もよく元気なので、

寝ることで、調子のいい自分を作る事ができますね。

 

 

関連記事

  1. 【プロの料理人と成功の話し】

  2. 時間をどう分配するかで人生が変わると思う

  3. ホリエモン著書「好きなことだけで生きていく。」読んでみたら、800円の…

  4. 【論理型と感情型】理屈で行動する男、感覚で行動する女

  5. 結果を出せる人になる、たった1つの方法

  6. 自分の人生から「不快感」を取り除こう

  7. 恋愛は合図がきたらGO!

  8. 髪の毛切ってきます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。