悪玉菌が多いと栄養が吸収されない?

 

おはようございます、森沢です。

腸内には善玉菌と悪玉菌がいることはご存知でしょうか?

実は腸内菌のバランスが悪玉菌の方が多い場合、

栄養吸収率が大きく低下するらしいのです。

なので、せっかく取った栄養も無意味に近くなってしまいます。

そこで、悪玉菌の数を減らすのがいいのですが、

悪玉菌の大好物は、古い油と砂糖なんです。

なので、その2つを摂取する量を押さえるようにするといいと思います。

私も古い油を使ってありそうな食事は控えようと思います。

砂糖はもともと好きじゃないので、摂取しないのでOKですが、

油は気を付けないといけないなと思いました。

健康の常識は日々変化しているので、

毎日コツコツ勉強しないと覚えきれないですね。笑

勉強と実践をコツコツ継続していこうと思います!

 

関連記事

  1. 【論理型と感情型】理屈で行動する男、感覚で行動する女

  2. 素直さと愛嬌があれば人生うまくやっていける

  3. 【人生の本質は自分】幸せな人生を生きるためのコツ

  4. 1日1食生活を始めます

  5. やる気は出してはいけない??無意識に行動するのが最強の理由

  6. ■■実行してみないと何も始まらない

  7. 体力を付けるために筋トレを復活しました!

  8. 仮想通貨はもうおしまいなのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。