会話をする時に目的を設定した方がいい理由

 

こんにちは、森沢です。

今日はコミュニケーションについての記事です。

みなさんは会話をする時に「目的設定」はしていますか?

会話というのは、自分と相手がいる時に、どちらかに必ず目的があるから、相手に話かけて会話が起こります。

例えば、好きな人を口説きたかったり、セールスで物を売りたかったり、

楽しい時間を過ごしたいからや、暇つぶしなど様々な理由があります。

しかし、会話をしていると、目的がズレてきたりするものです。

例えば、好きな人を口説こうと思って会話していたのに、

段々自分の感情を満たすために、自分の話ばかりしてしまったりしてしまうこともあります。

そうすると、相手は自分の話ばかりされると、

その人に魅力を感じず、結局口説けなかったりします。

なので、「口説く」という目的を設定した場合、

口説く以外の話題や言葉選びなどは排除します。

そうすると、目的を達成しやすく、

話題や言葉選びなども必然的に、口説くものに特化したものを選ぶことができるので、

会話をする時は、目的をしっかり設定した会話をすることで、

メリハリがついて、コミュニケーションが上手になります。

なので、今まで目的を設定していなかった人は、

ぜひ、目的設定を明確にしたコミュニケーションを心がけるようにしてみると、

他の人とは差のある会話をすることができるので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

関連記事

  1. 諦めなければ勝てる理論

  2. 雑念が入るようではまだ集中できていない

  3. コラム ■■インポートブランドよりドメスティックブランドが日本人に合う…

  4. 【コラム】昨日コンビニに行った話

  5. 嫌な人に「ありがとう」というと、嫌な人じゃなくなる話し

  6. 【引き寄せの法則】意識の使い方で人生が180度変わる

  7. リップルが150円突破しました

  8. 【1ヵ月】サントリーのサプリメントのお試し使ってみます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。