上手に話をするテクニック

 

今日は上手に話をするテクニックを1つご紹介したいと思います。

そのテクニックとは

「話を最後まで完結させてから次の話題に移る」

ということです。

ささいなことですが

話をする時に、話しが飛んでしまう人がたまにいらっしゃいます。

話が飛んでしまうと

聞き手の人が話についていけず

「???」となってしまいます。

なので、一度話し始めた事は

理由や根拠を最後まで伝えてから別の話題について話すようにすると

相手も混乱せずに

「分かりやすいな」と感じてもらえて

最後までしっかり話を聞いてもらいやすくなります。

とはいえ、私も昔は話しをしている時に

話題が飛び飛びだったことがあります。

しかし、話が上手になりたいと思い

自分の話している姿を動画に撮って見直していく中で

気付いたことなのです。

それ以来

人と話す時には、話しを最後まで完結させてから次の話題に移るように注意するようにしました。

そうすると、どことなく

私の話を聞いている人の反応が良くなったように思えます。

みなさんも会話をする時に、意識してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

  1. 会話を上達させるには「使う言葉」を意識するといい理由

  2. 嫌な人に「ありがとう」というと、嫌な人じゃなくなる話し

  3. 「自信満々に会話できるようになる方法」をユーチューブにアップしました

  4. 会話上手な人はやっている話し方のポイント

  5. 会話をする時は自分が話す事だけに集中しない方がいい理由

  6. 億万長者を前に堂々と話す方法

  7. 売れているものがいいものとは限らない?

  8. 人との関わりが怖い人は対人恐怖症かも?5つの克服方法まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。