便秘を治すには食物繊維よりもタンパク質が必要

 

みなさん便秘で悩んだことはありますか??

便というのは、菌の死骸や食べ物のカスなどが集まったもので、

実は猛毒です。

なので、便が腸にずっとこびりついていると、

腸壁に炎症が起きたり、ガンの原因になったり、

口臭の原因にもなってしまいます。

なので、便はすぐに出した方がいいそうです。

しかし、便秘の人は中々便が出ません。

それだと体に良くないのでお通じを良くする方がいいのですが、

一般的に、便秘には食物繊維というフレーズを聞いたことがあると思います。

しかし、便というのは、

食物繊維(食べカス)5%

菌の死骸15%

たんぱく質20%

水60%

で出来ています。

つまり便の主要成分は水とたんぱく質がほとんどなので、

お通じをよくするときは、

タンパク質と水をたくさんとることをおすすめします。

実際私も、ご飯と水をもりもり摂取した時に便が出る事が多いです。

タンパク質はたくさんとると思うので、

水をしっかり取るようにした方がいいかもしれませんね。

水が無いとカチカチうんちで、

私のように切れ痔になってしまいますので、気を付けてください(笑)

 

関連記事

  1. 無料コミュニケーションスクールのお知らせ

  2. 名前は人が聞いて最も心地の良いもの

  3. 睡眠不足の弊害

  4. 会話をする時の空気感の作り方

  5. 会話をする時に目的を設定した方がいい理由

  6. バイトの面接に受かるためにやるべきこと【まとめ】

  7. 美容室でかっこいい髪型を作るコツ

  8. 素直さと愛嬌があれば人生うまくやっていける

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。