【初心者の人に見てもらいたい】特化型アフィリエイトサイト作ってみた感想

2019年現在アフィリエイトは多くの人に認知されていて、取り組んでいる人も多いと思います。

この記事を書いてる私もアフィリエイトをやっていて、まだご飯を食べるまでは稼げていませんがゲームソフト1本分とかは稼げています。そんな私なのですが、このサイトの更新をかなり長く放置して、特化型アフィリエイトのサイトを作っていました。サイトは無事今日完成したので、アクセスが増えるまで、さらにコツコツと記事を書いていく事になります。アクセスが増えてくるのに4か月くらいかかるかなと想定しています。

そこで、作ってみた感想や手ごたえをまとめておこうと思います。これからアフィリサイト作る人の参考になれば嬉しいです。



特化型のアフィリエイトサイト作るのはかなり面倒くさい

いきなり愚痴みたいになっていますが(笑) アフィリサイト作るのはかなり面倒くさかったです。基本的に全て面倒です。私はもう2度と作りません。笑 多分向いてないです。

サイト作り

まず、サイト作る時には、ワードプレスを使うのでテーマを購入します。私はテーマを凝ってみたので2万のテーマを買いましたが、最後まで作りきって思ったのは、無料のテーマで十分だということです。アフィリエイトにきれいな見た目のサイトはさほど必要でありません。むしろブログ形式のシンプルなページの方が見やすいですし、親近感があります。

私は有料テーマなので、大手企業みたいにキレイなサイトになりすぎて、商品を紹介するには豪華すぎる作りになってしまいました。例えるなら、リッツカールトンでマックを売っているような感じですw

テーマも購入したものによって、特性が違うので、新しいゲーム機を買ったときのように、説明書を読みながら使い方をマスターしないといけません。この過程は、どんな機能がついてるんだろうと、ワクワクして少しだけ楽しかったです。

ワードプレスの設定

テーマのインストールが終わったら、ワードプレスの設定をします。これが作業ゲーすぎてちょーつまんないです。必要なプラグイン(スマホのアプリみたいなもの)を入れたり、プラグインごとの設定を1つずつするのが辛かったです。でもいうて、1時間くらいで終わります。ただ私は同じことを淡々と作業するのが苦手なので苦行でした。

戦略を考える

設定が終わったら、記事を書いていきたいところですが、アフィリエイトはライバルも多いので、普通に勝負しても勝てる確率は低いです。確率が低いならやる意味がないので、私は勝てるように戦略を考えました。長くなるので戦略は省きますが、競合のサイトや記事を書くキーワードを調べたり、サイトの魅せ方などを考えました。この作業は楽しいです。旅行でどこ行くか決めるような感じです。

記事を書く

次は実際に記事を書いていきます。私の場合は、TOPページがランディングページみたいなテーマなので、TOPページを作ってからブログ形式の記事を書き始めました。1つの記事平均3000文字で合計40記事くらい書きました。中には2万文字の記事もあります。

実際のところ、この工程が1番時間かかります。記事を書くのは楽しい時とだるい時があります。けど基本だるかったです。記事を書き続けるのは体力や集中力が必要で、書きまくるのもコツが入ります。そして、この作業がアフィリエイトの肝といっても過言ではありません。キーワード選びとかも重要ですけど、1番体を使って作業するポイントです。

私がやってみた結果、この淡々と記事を書くのが好きな人は、アフィリエイト向いてます。私は新しいものを考えたりするのが好きなので、変化が無いこの作業は苦痛で仕方ありませんでした。

広告に登録する

記事を5~10記事くらい書いたら、広告の登録をします。広告もサイトの審査があるので、一応ちゃんとしたサイト感を出すために記事を少し書いておきます。これに通らなかったらマネタイズできないので元も子もありません。ほとんど通りますが、少しドキドキするポイントでもあります。広告の審査は、承認が遅い時もあるので早めにしておきましょう。私も数日かかった気がします。

最終確認

広告の審査が通って、記事も全て書き終えたら最終チェックをします。文章は読みやすいか、誤字脱字がないか、紹介する商品が欲しくなるかなど、実際に自分の目で見てチェックします。これで問題が無ければ、アクセスが増えるように、毎日1~3記事くらい新しい記事を更新するようにします。



全て終わると気分爽快

この全ての工程が終わればアフィリサイトが完成です。これでアクセスが増えるとお金がチャリンチャリンと入ってきます。しかし、サイト作成中に競合サイトもチェックしていたのですが、数か月の間に検索の順位がかなり変動していて、かつて1位だったサイトが県外に飛ばされたりもしていました。なので、グーグルのアップデートに影響されないように常にユーザーファーストのサイトであるように維持し続ける必要があるでしょう。

せっかく苦労して作ったサイトが見られないと悲しいのでメンテナンスは忘れないようにしようと思いました。

文章を書き続けるコツ

アフィリサイトを作る時に1番しんどいのが記事を書き続けることだと思います。私も最初やる気が出なかったり、集中力が続かなかったりして大変でした。でも色々コツを掴んだので、軽く紹介します。

書こうと思ったらすぐ書く

記事書くのって結構腰が重いもんです。PCをつけてワードプレスにログインして・・・と、ユーチューブみたいに1タップで動画に繋がりません。なのでユーチューブに比べて作業時間の割合が少なくなりがちです。

そこで、記事書こうかなと頭によぎった瞬間にPCを付けるというのを習慣にします。PCつけて書くか書かないかは別にどちらでも大丈夫です。とにかくPCをつけます。これが1番腰が重いんです。だから脳死でつけます。そしたら、PCつけたから少し書くか、という気になり、なんだかんだ2000文字書いちゃうことも少なくありません。

なのでコツは、記事を頑張って書くぞ!なんて意気込まず、PCつけてみるか、ログインしてみるか、エディタ画面開いてみるか、1章だけ書いてみるか、この小さなスタートを脳死でやることが大切です。

そして記事は、頑張って書こうがさらっと書こうがクオリティは大して変わりません。同じ脳みそを使って書いてるので、そんなに差はないのです。

1日中文章書こうと思わない!

人間の集中力には限界があります。できれば1日ずっと記事書いてる方が効率良さそうですが、私には無理でした。集中力が切れます。なので、区切りのいいところまで書いたらゲームしたりご飯食べたりしてました。そして記事書いてない間は、記事書いてる時にやりたいなと思ってることを全力でやります。ゲームもとことん楽しみます。そうするとフラストレーションが残らないので、記事書くか!という気になれます。

そしてやりたいことも(例えばゲーム)1時間ちょいやってたら若干飽きてきます。もちろん何時間でもやれますが、少し飽きます。そしたらまた文章を書きます。なぜだか少し文章を書きたくなってきます。そうやってやりたいことをやりながら、やることも織り交ぜていけば、何だかんだ総作業量はなかなかのものになっています。

3日書かなくても4日目から書けばいい

たまにプライベートやリアルの仕事が忙しくて記事を書けない時もあります。そんな時は罪悪感を感じず、例えば3日書かなかったとしても、4日目から書けばいいやと考えることをおすすめします。確かに1日中記事を書かなかったとなると自分はダメなんだと思ってしまいそうになりますが、私たちは人間なんでやる気のムラはもちろんあります。けどそこでやめずにコツコツ続けていくと理論上いつかは必ず完成します。

私もチビチビ続けていましたが、なんとか完成しました。なので、1日やらない日があったとしても気に留めず、また記事を書き始めましょう。

これを淡々と続ける

これらの作業を淡々と続けていきます。なので、私の場合はゲームと記事しか書いていない2か月でした。もちろんデートなんてしていませんよ?笑 サイト完成するまでデートはしないと決めていました。なぜなら時間の無駄だから。

ゲームとかはしてもいいんですけど、あくまでも記事を書くやる気に火をつける役割なのでやっていました。人間の脳はドーパミンという快楽物質が出ないとやる気が出ないので、記事を書いたらゲームしたり休憩するというアメとムチを使って自分を調教していました。

アフィリサイト作成は、こういった地味な作業の積み重ねなんです。派手さとか、体感的に感じる楽しさとかは、ほぼありません。達成感も全部地味ですw

なのでブログアフィリは、コツコツ作業が好きな人じゃないと中々厳しいと思います。



まとめ

なんだかんだ長くなってしまいましたが、アフィリサイト作ってみた感想をまとめてみました。

実際の所、ここからアクセスが増えるかどうかが勝負なので、ここからSEO対策をやりながらアクセスが増えるまでサイトを育てていこうと思います。ただし、他のサイトにも書いてありましたが、成果が出始めるのに2~4か月くらいかかるなんてのはザラなようです。成果が出ない可能性もあります。

そして今はライバルもすごく多いですし、グーグルアップデートで順位変更なんてよくあります。これが果たして力を入れて取り組むべき作業なのかなとも思ってしまいました。

あと究極ですが、1記事だけ8000文字くらい書いた、いわゆるペラサイトですね。ブログじゃなくて1記事だけのサイトが上位に食い込んでいる事が多かったです。なので、私みたいにちゃんとしたサイトを作らないでペラサイトでアフィリエイトするのがいい可能性もあります。

そうすると8000文字くらいなら1日でOKですが、仮に5~10記事くらいのサイトを作るとしても3日くらいで作れると思うので、それをたくさん量産すれば収入は増えるかもしれません。なのでみなさんは、ペラサイトも検討してみるといいかもしれませんね。

私は中途半端なことはしたくなかったので、どうせやるならその分野で悩んでいる人のバイブルになるようなサイトを作ろうと思って、すごくこだわって作りましたが、稼ぐだけならペラサイトで十分かもです。笑

でもいいんです。私は収入にならなくても、悩んでいる人が「役に立ったな」と思ってくれればそれだけで作った価値があります。それにサイトを作る過程もすごく勉強になりました。やる気の維持だったり、戦略を考えたりで得られるものが多かったです。そして、最悪収入にならなくても全く問題ないので、この戦負ける事はありません。

さて、最後はちょっと個人の感想も入っちゃいましたが、これを読んでいる方も、自分の性格とマッチしそうならブログアフィリに取り組んでみるのもいいのではないでしょうか。きれいごと抜きで、大変でしんどいですけど、向いてる人がやれば、いいビジネスだと思います。

取り組む気が満ち溢れている人はぜひトライしてみてください。

それでは~♪



関連記事

  1. ブログは目的を作ってから書く方がいい理由

  2. ブログをリニューアルします!

  3. ブログ書くには飯を食え!

  4. ブログ更新を毎日するためにこれから気を付けるべきこと

  5. ブログで3万8000文字の記事を書く大変さ

  6. ブログを毎日更新1ヵ月続けてみて起きたこと

  7. 【これで勝てる】ブログ初心者が100万PVを目指すために分析したブログ…

  8. ウェブメディアの可能性|ほぼ不動産と同じでしょ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。