進化の途中は醜いもの

 

幼虫が成虫になる時、さなぎになる。

さなぎの中では幼虫の体がドロドロに溶けて、体を再構築するらしい。

進化の途中はとても醜いもの。

しかし、進化が終われば、きれいな蝶になり人々は美しいと称賛する。

人間も同じで、成功するまでの過程は見下されたりバカにされたりする。

しかし、ひとたび成功すると、あなたはすごい、頭がいいねと言われる。

さなぎの状態を人が見たら気持ち悪いというだろう。

しかし、気持ち悪いと言っていたものを人は美しいともいう。

進化の途中が醜いことは言われなくても知っている。

しかし、進化が終われば美しくなることも知っている。

ゆえに、自分はきれいな蝶になることだけ考えていればいい。

 

関連記事

  1. 悪玉菌が多いと栄養が吸収されない?

  2. 2017年以降の未来予想

  3. 叶姉妹の名言

  4. 男が女にモテるためのシンプルな結論

  5. プレゼン能力を上げる5つのコツ

  6. コラム ■■ 本音で人と接してみると分かること

  7. 会話をする時に押さえておきたい話題作りの3つの方法

  8. 遊戯王ディエルリンクスから学んだ結果を出すための思考術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。