進化の途中は醜いもの

 

幼虫が成虫になる時、さなぎになる。

さなぎの中では幼虫の体がドロドロに溶けて、体を再構築するらしい。

進化の途中はとても醜いもの。

しかし、進化が終われば、きれいな蝶になり人々は美しいと称賛する。

人間も同じで、成功するまでの過程は見下されたりバカにされたりする。

しかし、ひとたび成功すると、あなたはすごい、頭がいいねと言われる。

さなぎの状態を人が見たら気持ち悪いというだろう。

しかし、気持ち悪いと言っていたものを人は美しいともいう。

進化の途中が醜いことは言われなくても知っている。

しかし、進化が終われば美しくなることも知っている。

ゆえに、自分はきれいな蝶になることだけ考えていればいい。

 

関連記事

  1. 【コラム】昨日コンビニに行った話

  2. コミュニケーション能力の最大の利点は人生の苦痛を取り除くこと

  3. YouTubeに動画アップしました

  4. 1週間だけ更新お休みします

  5. リップルが130円になりました

  6. 遊戯王ディエルリンクスから学んだ結果を出すための思考術

  7. 健康と幸せの関係

  8. 2018年の反省と2019年の目標

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。