進化の途中は醜いもの

 

幼虫が成虫になる時、さなぎになる。

さなぎの中では幼虫の体がドロドロに溶けて、体を再構築するらしい。

進化の途中はとても醜いもの。

しかし、進化が終われば、きれいな蝶になり人々は美しいと称賛する。

人間も同じで、成功するまでの過程は見下されたりバカにされたりする。

しかし、ひとたび成功すると、あなたはすごい、頭がいいねと言われる。

さなぎの状態を人が見たら気持ち悪いというだろう。

しかし、気持ち悪いと言っていたものを人は美しいともいう。

進化の途中が醜いことは言われなくても知っている。

しかし、進化が終われば美しくなることも知っている。

ゆえに、自分はきれいな蝶になることだけ考えていればいい。

 

関連記事

  1. バイトを2か月頑張ってみた結果

  2. コミュニケーション能力を上げるためには何をやればいいのか?僕がやったこ…

  3. 5分であなたの人生を変えるコラム

  4. 会話の話題の選び方

  5. Amazonアソシエイトの審査5回連続通らなかったけどついに受かった件…

  6. やることリストよりやらないことリストを作ろう!人生をよくしていくための…

  7. 非日常を作り出そう

  8. 我慢しなくても大丈夫!ダイエット中のおすすめの食事法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。