進化の途中は醜いもの

 

幼虫が成虫になる時、さなぎになる。

さなぎの中では幼虫の体がドロドロに溶けて、体を再構築するらしい。

進化の途中はとても醜いもの。

しかし、進化が終われば、きれいな蝶になり人々は美しいと称賛する。

人間も同じで、成功するまでの過程は見下されたりバカにされたりする。

しかし、ひとたび成功すると、あなたはすごい、頭がいいねと言われる。

さなぎの状態を人が見たら気持ち悪いというだろう。

しかし、気持ち悪いと言っていたものを人は美しいともいう。

進化の途中が醜いことは言われなくても知っている。

しかし、進化が終われば美しくなることも知っている。

ゆえに、自分はきれいな蝶になることだけ考えていればいい。

 

関連記事

  1. 自分の心に刻んだことは消えない

  2. コラム ■汗を押さえるボディミスト

  3. 悪い出来事は一瞬悪いだけ

  4. コラム ■■ 本音で人と接してみると分かること

  5. 【自分磨き】髪を毎日セットした方がいい理由

  6. 【愛され上手!?】相手にいい印象を与える秘訣5選

  7. ガッキー可愛すぎ事件

  8. コラム ■女性が男性に求めるショートヘアーは全然ショートじゃない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。