偏見で判断される時代に思うこと

久しぶりにコラムを更新します。

思ってることを本音で書くので、表現がきつい時があるかもしれませんがご容赦頂けたら嬉しいです。

世の中の多くの人が該当し、私含め、人が陥りやすいトラップが存在します。

それは偏見です。

それを象徴するように、食わず嫌いという言葉が存在するくらいです。

例えば、その話し怪しそうとか、美味しくなさそう、この人ショボそうなど、人は自分の価値観というレンズを通して物事を見ます。

ですが、時にそれが大きな機会ロスを生む要因になることがあります。

私の場合だと、例はいくつもあるのですが、仮想通貨やネットワークビジネスがそれに該当します。

私が仮想通貨のことを知ったのは、今から約3年前です。

怪しげなページに、ビットコインの時代がこれから来ると書かれていました。

なんとなく概要は見たのですが、怪しそうという理由で私は真剣に調べませんでした。

そしてみなさんもご存知の通り、それから1年後に仮想通貨バブルが到来しました。

あの時私が偏見を持たずにフラットな気持ちでビットコインについて調べていたらどうなっていたでしょうか?

10万円から億り人が誕生した事例があることから想像は容易にできます。

そして次はネットワークビジネスです。

私はアムウェイというネットワークビジネスの勧誘を何度も受けたことがあります。

結論からいうと、アムウェイの商品はすごく高クオリティで素晴らしいです。

しかし当時は、怪しいという理由でアムウェイを遠ざけていました。

ですが、ある社長さんと出会ってアムウェイを試してみることにしたのですが、マウスウォッシュスプレーと歯磨き粉は、ほかの製品が勝てないほどクオリティの高い商品で今でも愛用しています。

私は偏見でアムウェイを避けていましたが、偏見を持ったままだと、あの素晴らしい爽快感のある歯磨きとは出会えなかったでしょう。

ちなみにネットワークビジネスはしていません。商品だけ愛用しています。

これらの事から、偏見というのは人生の中で、時に機会ロスを生むことがあります。

私たちは、今の状態だけ見て物事を判断する事が非常に多いです。

日本が戦争で焼け野原になってから、オタクなど日本独自の文化を作り経済大国に成長した事例などあることから、現状だけ見て物事の全てを判断するのは極めて愚かな行為だと自分に言い聞かせてきました。

物事を判断するときは、過去、現在、そしてそれを照らし合わせて導き出された未来を見る必要があると常々思っています。

そうしないと機会ロスを生み、自分の人生が大きく変わるためです。

さらに、昔はショボくても、子供が大人に成長する時のように、後々スゴくなる人もたくさんいます。

若き日のヒトラーは、貧しい生活を送り、読書をたくさんしたそうです。

いつか役に立つ時が来るものさ。と友人に言ったそうです。

後にナチスを引き連れて世界を変えました。

多くの人は、社会的地位や権威のあるものだけを判断しがちですが、そうじゃないものにも価値がある事が多く、成長中のものは本質が分かる人にのみ評価されます。

しかし私はそれでいいのかな?と自分に対していつも問いかけています。

完成されたものを評価するのは誰にでもできる。

まだ評価されてない価値あるものを見抜けないと本物じゃないんじゃないのかと。

人でもサービスでも商品でも何でもそうですが。

よく思うのですが、本当の価値というのは、それに強く関わっている人にしか理解されてないと思います。

つまり、本当の価値は、現在成長中の人や企業、テクノロジーの開発者などの頭の中にしか存在していないということです。

私も経験あるのですが、私はあえて服装や髪型をダサくしている時があります。

それは色々なファッションやヘアースタイルを研究しているからです。

ダサいなとわかりつつ研究のためにそうします。

ですが、最高にイカした身なりをすることもできます。

ダサい状態でそれを言うとバカにされましたが、私はそれが容易にできることを頭の中で理解していました。

セット方法、買うべきブランドやコーデの組み方が頭の中に入っているからです。

で、実際にそうすると、かっこよくなったね、センスいいんだねなど言われる事がありますが、私は最初から知っていました。

つまり周りの人は、その対象の一部しか見ずにその全てを判断します。

そして、私のセンスは、私しか理解していなかったのです。

これと同じ事が、あらゆる事で起きています。

なので、あらゆる物事は変化し成長しているのに、現状だけ見て、それを完成形と判断するのはやめた方がいいと思っています。

完成形に向かって成長している途中の可能性があるからです。

これは自分にもよくいい聞かせていることです。

なので私は、仮想通貨は終わったと言われていますが、リップルやファクトムなどのブロックチェーン技術は社会をより良くし価値あるものだと思っていて、実需が生まれる頃に正しい評価がされると思っていて、投資し見守っています。

他にも、夢を追いかけている友達を否定したりしませんし、仲のいい友達がホームレスになろうとも私は仲のいい関係を続けます。

なぜなら私は、現状だけ見てその対象を判断しないように気を付けているからです。

過去と未来も見て、物事や人とどう関わるかを決めているからです。

価値観の押し付きになるので、偏見をやめた方がいいよとは言いませんし、そんなこと思ってすらいません。

なぜなら人生は自分事なので、自分で考えて好きな人生を送るのがいいと私は考えているからです。

ですが、この考え方は大切だと個人的には思っているので、もしかしたら誰かの役に立つ可能性もあるため、こうやって書き記しています。

久しぶりにスマホで文章を書くと疲れましたが、何かの気付きになれば幸いです。

関連記事

  1. 仮想通貨はもうおしまいなのか?

  2. 恋愛は合図がきたらGO!

  3. 恋愛工学を活用した恋愛術を実践してみた結果、効果がすごかった!

  4. Amazonアソシエイトの審査5回連続通らなかったけどついに受かった件…

  5. 【1年で100冊以上】本好きの僕がおすすめする、初心者でも続けられる超…

  6. 人から好かれるためにやるべきこと5選

  7. 男が女にモテるためのシンプルな結論

  8. 人生嫌な事が起こった時、実は幸せへの道しるべだという話し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。