イケてるトレンドをアイキャッチ!注目の記事 PICK UP !

ザイオンス効果を使って人間関係を構築する方法

 

人と仲良くなるのが苦手だな~と思う方いないでしょうか?

簡単に人と仲良くなることができる方法の1つにザイオンス効果を使うというものがあります。

 

人と仲良くなるのが苦手な方は、この方法を使ってみてください。

 

人と仲良くなるための2つの方法→http://sho-kirakiramens.com/sukareru/

 

そもそもザイオンス効果とは?

アメリカの心理学者のザイオンス教授が発見した心理学の考え方で、人は単純接触頻度が多ければ多いほど、その対象に好感を抱くという人間心理の法則です。

簡単に言うと、会えば会うだけその人と仲良くなることができるというものです。

なので、仲良くなりたい人がいたら、顔を合わせるだけでもいいので、会う頻度を増やしてください。

この時にポイントが、長い時間接触する必要はありません。

「おはよう」くらいの軽いあいさつでもいいですし、話さなくてもOKです。

相手の視界に入るだけで大丈夫です。

そうすると、「最近よくみるなー」と相手は意識してくれるようになります。

誰もが体験していた、ザイオンス効果

実は誰でもザイオンス効果を体験しています。

代表的なのが、学校です。

入学式して、初めてクラスメートと顔を合わせた時、「この人達と仲良くやっていけるのかな?」という不安があったと思います。

しかし、卒業する頃には別れるのが惜しいくらいクラスメートと仲良くなっています。

なぜそうなるかというと、色々な思いでを共有してきたというのもありますが、毎日顔を合わせて単純接触頻度が多いからというのもあります。

毎日朝登校して顔を合わせていると、他人から顔見知りにランクアップして、警戒心も少し和らぎます。

そうするとザイオンス効果が働いて、毎日会っていると少しずつ好感を抱くようになってきます。

その結果打ち解けやすく、仲良くなりやすくなるわけです。

この効果は様々な所で働いており、接触頻度が多ければ多いほど基本的にその対象に好感を抱くようになります。

常連のお客様、駅で毎日キャッチしている人、駅で毎日見かけるホームレス、よくCMで見るあの子、気付いたら好きになっていたユーチューバー、よく見る商品など、とにかく見れば見るほど良く思えてくるのがザイオンス効果です。

使い方はとても簡単で、短い時間でもいいから、会う回数を増やすだけです。

ザイオンス効果を使った後の行動

ザイオンス効果を使って、相手からの印象を良くしたら、次は相手にコンタクトをとってみましょう。

「最近よく会いますねー」

「調子はどうですか?」

「〇〇なんですか?」

など話しかけてみます。

ザイオンス効果で、相手はこちらに警戒心などはあまり抱いてないはずなので、ザイオンス効果を使う前よりかは、話しかけてみても反応がいいはずです。

ファーストコンタクトを取ったら、あとは徐々に会話の回数を増やして、仲を深めていきます。

仲良くなると、遊びや食事に誘ってみてもいいと思います。

そうすると、自然に人と仲良くなっていくことができます。

まとめ

ザイオンス効果は、人と仲良くなるための基礎になりますので、日々の生活に活かしてみてください。

恋愛やビジネスあらゆる所で使う事ができます。

私も美容師時代、お客様と何度も顔を合わせると、仲良くなりやすかったなと印象がありますので、この効果は使えると思っています。

人間関係で難しいのは警戒心を解くことですが、ザイオンス効果を使えば簡単に警戒心を解く事ができるので、使った方がお得ですね。

 

 

 

メルマガとライン@を始めたのでよかったらご登録お願いします。

毎日お得な情報を発信しています。

メルマガ→http://sho-kirakiramens.com/mlmg/

ライン@→http://sho-kirakiramens.com/line%EF%BC%A0/

 

関連記事

  1. 【コラム】情報過多社会での情報収集のススメ

  2. ■■仮想通貨は今後どうなるのか?

  3. 失敗だらけの人生?絶望からの挽回劇

  4. リップルが130円になりました

  5. 仮想通貨はもうおしまいなのか?

  6. 勝ち癖、負け癖

  7. すごい人ほど低姿勢

  8. 【これで解決!】バカだけど人に好かれる方法

  9. 自分の限界を感じる時にやるべき5つの事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 失敗だらけの人生?絶望からの挽回劇
  2. 【ダイエットにおすすめ】意外と知られていないジョギ…
  3. 【1年で100冊以上】本好きの僕がおすすめする、初…
  4. このサイトについて
  5. 10代で社長になれる時代、インターネットの凄さ
  6. Let`s自分磨き!男は黙って読書しよう
  7. 【コラム】情報過多社会での情報収集のススメ
  8. 【コラム】僕流、情報の見極め方

ピックアップ記事

PAGE TOP