イケてるトレンドをアイキャッチ!注目の記事 PICK UP !

犬と言わずにブルドッグという

 

話しをするときや、文章を書くときは、

相手の人が話の内容をより鮮明にイメージできるように

具体性のあるワードを使って表現した方が、

その話しに深みが出たり、イメージのズレがお互いに少なくなり意思疎通がしやすくなります。

なので、犬というのではなく、ブルドッグという。

カレーを食べたときは、熱々でスパイシーなカレーを食べたという。

それだけで、単調な会話にも深みが出て、

聞いている方も楽しくなります。

小さい事ですが、意識して話すようにすると、

聞き手の反応も変わってくるはずです。

関連記事

  1. なってからでは遅い?早めに薄毛予防を意識した方がいい理由

  2. 恋愛は合図がきたらGO!

  3. コミュニケーション能力を上げて幸せなライフスタイルを送るために取るべき行動

  4. カリスマの条件

  5. 会話の話題の選び方

  6. 眠いと話しにならない

  7. PCが復活したので更新再開します。

  8. ダメ人間の生き方

  9. たくさん勉強してきて辿り着いた、引き寄せの法則の活用法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 失敗だらけの人生?絶望からの挽回劇
  2. 【ダイエットにおすすめ】意外と知られていないジョギ…
  3. 【1年で100冊以上】本好きの僕がおすすめする、初…
  4. このサイトについて
  5. 10代で社長になれる時代、インターネットの凄さ
  6. Let`s自分磨き!男は黙って読書しよう
  7. 【コラム】情報過多社会での情報収集のススメ
  8. 【コラム】僕流、情報の見極め方

ピックアップ記事

PAGE TOP